見抜く 見通す 見極める秘訣集

スマートフォンだけで大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今後ますます、お客様と企業の間では、スマートフォンを通した接触が増えていくでしょう。

スマートフォンを通して関係性を築くことに関して、乗り越えなければならない問題があります。

あなたもすでに対策の必要性を感じていらっしゃるかもしれません。

スマートフォンを通してお客様と自社がかかわっている状態を、あなたがお客様の立場になって眺めるとわかります。

スマートフォン上でも、オフラインと同様に、あなたの会社はお客様にとって他の無数の会社の中の1つに過ぎない存在だということです。

ネット通販を運営していようが、SNSで発信していようが、広告を出していようが、それは他の多くの企業もしていることです。

お客様はあなたの会社のことをめったに思い出してくれません。

たくさんの魅力的な会社に目移りして忙しいからです。

目新しいもの、刺激的なもの、驚くようなものが次々と、お客様の興味をひきつけていきます。

この状況では、あなたの商品やサービスの存在は、お客様の中でかすんでしまいがちです。

スマートフォンを通してお客様とつながり、自社に関心を持ち続けてもらうことはなかなかに難しいのです。

あなたの会社がスマートフォン上のやりとりだけでお客様とつながっていると、他社と同じレベルの強度のつながりしか得られません。

そこには常に、お客様の関心を奪い合う競争があり、中小企業も大企業と勝負しなければなりません。

そんな中でもあなたの会社が抜きん出るには、いったいどうしたらよいでしょうか。

面倒なことをする

1つ朗報があります。

スマートフォンを通したコミュニケーションの影響からか、人々は実際に触れ合う機会を求めるようになっています。

人間の大きな本能の1つに、「人とつながりたい」というものがあります。

スマートフォンでのつながりに依存する生活環境の中で、生身の人間として、満たされない欲求が高まってきているのでしょう。

それであれば、スマートフォンとは別にリアルにお客様とつながることで、関係性を強めることができるのではないでしょうか。

直接会ってお客様と触れ合うことで価値を届けてみてはいかがでしょうか。

お客様は、スマートフォンでの接触は次々と忘れ去っていきますが、現実にあなたの会社と触れ合った体験を簡単に忘れることはありません。

お客様とじかに触れ合う機会を増やしましょう。

店舗があれば、セール企画ばかりでなく、お客様とつながる楽しい企画を立てましょう。

店舗がないなら、お客様と触れ合うことを目的としたイベントを実行してみましょう。

いずれの場合も、お客様の自己表現を応援する企画、あなたの会社らしさが発揮できる企画を考えてください。

お客様とあなたの会社が現実の場面でつながることができれば、スマートフォンを通しても、より強い関係を保てるようになるはずです。

 

追伸:
変化に対応できる経営者になりたければ
この方法
を実践してはいかがでしょうか。

 

The following two tabs change content below.
脇田 優美子

脇田 優美子

経営者の自己超越を助け、人間的成長を後押しする。 マーケティングコンサルタントとして経営者のビジネス向上を手助けする一方、経営者の視座を高め、器を広げる支援を行う。 多くの経営者の秘密厳守の相談相手として、経営者のビジネスと私生活両面を支えるコンサルティングを展開。 どんな優秀な経営者にも存在する盲点や死角を見抜き、ビジネスの土台を強固にするサポートを行う。 上場企業経営者、老舗企業経営者、中小企業経営者、個人事業主、士業、医師、大学教授、芸術家まで幅広く支える。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. これからヒットする商品
  2. 映画でわかる買いたくなる理由
  3. 口コミが連鎖する真の理由
  4. 社会が本当に求めているものは何か?
  5. 視点を変えてチャンスを発見する方法
  6. 喜ばれて売上を伸ばす
  7. 新しい欲求に応える秘訣
  8. 業務用から一般用へ展開する時の注意点

最新記事

カテゴリから記事を検索

PAGE TOP