見抜く 見通す 見極める秘訣集

「何」を「どうする」の前に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

経営者としてあなたは、いつもお客様のことを考えていることでしょう。

ただし、考える順番を間違えると、あまり良いアイディアは浮かんでこないかもしれません。

あなたはこんな問いかけを自分にしていませんか。

「どうしたらもっと買ってもらえるだろうか?」

「どんな商品を作れば良いだろうか?」

「どこをどう改良すれば、もっと良い商品になるだろうか?」

たしかに、これらはどれも悪くない問いかけです。

しかし、お客様に「何を」「どのように」買っていただくかを十分考えるには、それより先に突き詰めておくべきことがあるのです。

最初にあるのは

それは、あなたが誰に向けて価値を届けようとしているか、ということです。

あなたが誰を応援したいのか、はっきりさせなければならないのです。

「誰」と言っても、たとえば、「女性を応援したい」というだけで大丈夫でしょうか。

このような大ざっぱな考えでは、必ずしも十分とは言えません。

ちょっと思い浮かべてみるだけでも、10代の女性と60代の女性では、生活のほとんどが違っているでしょう。

広範囲の人を助けたい、という経営者のお気持ちは理解できるのですが、かえってお客様の役に立つことが難しくなります。

では、「誰」を「30代の女性」と考えるとどうでしょうか。

さきほどより少し、どんな女性なのかわかってきますが、それでもまだまだです。

日々仕事に励んでいる30代の女性と、仕事から離れて育児中の30代の女性では、やはり生活環境はかなり違うでしょう。

そこで、もっと具体的に、「30代の働く女性」を手助けしようとするなら、お客様の姿がよりはっきりしてきます。

しかし、ここでやめてはいけません。

もう1つ考えを進めましょう。

この人たちに共通する悩みや願いは何でしょうか。

それをきちんと探り出すことが大事です。

あなたが調べてみると、たとえば、30代の働く女性は仕事が忙しく、睡眠不足に悩んでいるかもしれません。

そこで、「誰」とは「睡眠不足に悩む30代の働く女性」ということになってきます。

「誰」から始まる

このように、あなたが応援したい人の悩み、不満、願い、夢などが明確であればあるほど、その先もはっきり見えてきます。

そのお客様にどんな商品を提供すれば喜んでもらえるのか、具体的にわかるようになるのです。

あなたは、事業を通じてできるだけ多くの人の役に立ちたいと思うことでしょう。

その志はもっともですが、誰を助けるのかがぼやけていると、提供できる価値もあいまいになり、したがって商品もぼやけたものができあがってしまいます。

まずは、この悩みを持っている人、この願いを持っている人、と焦点を絞って、その人に提供できる価値を突き詰めていってください。

そこを起点に、将来的には別のお客様に広がったり、同じお客様の別の悩みを解決したり、願いを叶えたり、と事業が発展していくことでしょう。

あなたは誰を幸せにしたいのか、そこからスタートしましょう。

 

追伸:
人を幸せにできる経営者だけが
知っている秘密

 

The following two tabs change content below.
脇田 優美子

脇田 優美子

経営者の自己超越を助け、人間的成長を後押しする。 マーケティングコンサルタントとして経営者のビジネス向上を手助けする一方、経営者の視座を高め、器を広げる支援を行う。 多くの経営者の秘密厳守の相談相手として、経営者のビジネスと私生活両面を支えるコンサルティングを展開。 どんな優秀な経営者にも存在する盲点や死角を見抜き、ビジネスの土台を強固にするサポートを行う。 上場企業経営者、老舗企業経営者、中小企業経営者、個人事業主、士業、医師、大学教授、芸術家まで幅広く支える。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 販売不振の老舗と産地に共通する最大の弱点
  2. 真似がもたらす悲劇
  3. SNS時代の情報開示戦略
  4. 社会が本当に求めているものは何か?
  5. 新規客を大量に集めた結果
  6. 「買う」と「買い続ける」の境界線
  7. 新しい欲求に応える秘訣
  8. 既存事業の活性化5つの切り口

最新記事

カテゴリから記事を検索

PAGE TOP