見抜く 見通す 見極める秘訣集

疲労の原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

あれこれ考えて疲れてしまったという経験は、あなたにもよくあるでしょう。

考えを巡らす時、いつもどこで考えていますか。

どこ、と言っても、社長室や会議室といった場所のことではありません。

体のどこを使って考えているか、です。

ものを考えるのは、頭にきまっているだろう、と思っていらっしゃるかもしれません。

ところが、人間は頭で考えると、非常に疲れるらしいのです。

疲労を感じる原因

実際のところ、頭、正確には脳という場所は、身体の中でとてもエネルギーを消費するのだそうです。

仕事をして疲れてしまった時、その疲労感は、脳が疲れているために感じるのだそうです。

ですから、難しい仕事ほど朝のうちに取りかかったほうがよい、というのは理にかなっています。

遅い時刻になるにしたがってエネルギーが消耗されていき、考える力が弱っていきます。

疲労感を軽減する方法

頭を使って考えると大きなエネルギーを消費するなら、疲労感を軽くするために頭とは別の場所で考えたいところです。

それには、考える行為を頭ではなく腹で行えばよいのです。

経営者には、困難に見舞われても動じない胆力が不可欠です。

「腹がすわっている」という言葉の通り、落ち着きは腹に宿ります。

腹で考え、腹で覚悟を決めるのです。

「腹が決まる」という言い方もあります。

腹にまつわる言い回しは、先人の知恵なのです。

反対に、人間は気が動転すると、頭が真っ白になり、頭が働かなくなります。

うろたえている時に、頭で考えても良い策は生まれません。

時々、恥ずかしさからか、人前で顔や耳まで真っ赤になってしまう人がいますね。

人間は頭のほうに意識が持っていかれるほど、混乱しやすいことの表れでしょう。

だからこそ日頃から、頭でなく腹で考える意識をもっておくべきです。

腹で勝負する

意識を腹に置いて、何事も腹で受けとめ、腹で考えを巡らせる。

そして腹が決まれば、腹をすえて行う。

腹で受けとめる習慣が備われば、難しい事柄を考えるほど腹がすわってくるわけで、こんなにいいことはありません。

単なる精神論と軽んじて片づけるのは簡単ですが、先々で大きな違いが生まれます。

経営者なら、常に腹で考える。

意識して身につけていきましょう。

 

追伸:
この秘密に気づいた経営者は
腹がすわります。

 

The following two tabs change content below.
脇田 優美子

脇田 優美子

経営者の自己超越を助け、人間的成長を後押しする。 マーケティングコンサルタントとして経営者のビジネス向上を手助けする一方、経営者の視座を高め、器を広げる支援を行う。 多くの経営者の秘密厳守の相談相手として、経営者のビジネスと私生活両面を支えるコンサルティングを展開。 どんな優秀な経営者にも存在する盲点や死角を見抜き、ビジネスの土台を強固にするサポートを行う。 上場企業経営者、老舗企業経営者、中小企業経営者、個人事業主、士業、医師、大学教授、芸術家まで幅広く支える。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ちょっとした親切
  2. 有名か無名か、それが問題だ
  3. 成果の出ない社員を励ますのは間違い?
  4. 経営者の発言が会社の成長を止めている?
  5. 飴とムチはなぜ上手くいかないのか
  6. その場限り
  7. 頑張らない社員の本心
  8. 生産性の勘違い

最新記事

カテゴリから記事を検索

PAGE TOP