見抜く 見通す 見極める秘訣集

お客様の進化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

経営者なら、お客様を狭めるほうが事業は上手くいく、という理論をすでにご存知でしょう。

どんなお客様にでも買ってもらおうとするより、具体的なお客様像を決めていくほうがよい、ということです。

ところが、このやり方で事業が上手くいっていたはずが、いつの間にか下降線をたどってしまう場合があります。

これはいったいどうしたわけでしょうか。

お客様はとどまらない

たとえば、あなたの会社が当初想定したお客様が、30代の男性だったとします。

そのお客様たちは、あなたがそう決めた当時、自社の価値観にぴったり合うお客様だった、ということです。

当時の社会状況や、経営者のあなた自身の年齢や環境からくる考え方と、もっとも相性の良い相手を選んだのではないでしょうか。

その価値観がお客様ときちんと合致している間は、そのまま業績に反映されていたのです。

しかしながら、当然のこととして、お客様の状況はどんどん変わっていきます。

年齢を重ねていくだけでなく、社会的な立場や生活環境も変化していきます。

加えて、今は時代の変化がかなり早いため、世の中の価値観の移り変わりも激しいのです。

自社がお客様としている、かつて30代男性だった人たちの求めるものが、自社の提供する価値と少しずつズレてきたのではないでしょうか。

同じ?それとも違う?

ここで、こんな疑問を持つ経営者がいらっしゃるかもしれません。

「でも、30代男性というお客様は、一定数いつでも存在しているのではないか?」

「かつて30代男性だったお客様が去ったとしても、今30代になった男性が新しくお客様になってくれるはず」

あなたは、この見通しをどう思われますか。

もしこの見通しが事実であれば、業績が低迷することはないでしょう。

こうした誤った見方をしているうちに、あなたの市場が消え去ってしまいかねません。

以前の30代男性と、今の30代男性の価値観や欲求は、果たして同じでしょうか。

繰り返しになりますが、時代の変化のスピードは激しく、たった数年間で社会状況がまるで違ってくるのが今の日本であり、世界です。

あなたの会社にお客様が求めるものも、刻々と変わり続けているのです。

経営者は止まってはならない

これまでイメージしてきたお客様像と、自社の提供する価値が合致しなくなったと気づいたら、すぐに対応しましょう。

どんな人があなたの会社のお客様なのか、もう一度ゼロから決め直す勇気が必要です。

経営者は、変わり続ける社会状況を鑑みつつ、お客様の進化に応じていかなければならないのです。

 

追伸:
変化に対応できる会社には
外からは見えない秘密がありました。

 

The following two tabs change content below.
脇田 優美子

脇田 優美子

経営者の自己超越を助け、人間的成長を後押しする。 マーケティングコンサルタント、セールスライターとして経営者のビジネス向上を手助けする一方、経営者の視座を高め、器を広げる支援を行う。 多くの経営者の秘密厳守の相談相手として、経営者のビジネスと私生活両面を支えるコンサルティングを展開。 どんな優秀な経営者にも存在する盲点や死角を見抜き、ビジネスの土台を強固にするサポートを行う。 上場企業経営者、老舗企業経営者、中小企業経営者、個人事業主、士業、医師、大学教授、芸術家まで幅広く支える。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 崩壊の始まり
  2. 戦術の修正
  3. はやりすたりの激しい業界の鉄則
  4. 右腕候補を指導する基準
  5. 優位性はどこから導かれるのか?
  6. なぜマニュアルで仕事が楽しくなるのか?
  7. 経営者のあり得ない自己認識
  8. 経営者は自分に厳しくあるべきか

最新記事

カテゴリから記事を検索

PAGE TOP