見抜く 見通す 見極める秘訣集

知っていますか?「ほめる」のこんな活用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

経営者としてあなたも、自社の生産性向上に腐心していらっしゃることでしょう。

「社員が自分から積極的に考え、動いてくれるには、どうしたらよいだろう…?」

給料を上げるだけで社員のモチベーションを維持するやり方は、あまり上手くいきません。

なぜなら、人間の満足度というものは、だんだんと下がっていくものだからです。

たとえば、初めて歩合給が出たら、とても喜ぶでしょう。

けれど、それが何度か続くうちにだんだん当たり前になって、喜びは薄くなっていきます。

すると、さらに歩合給を上げざるを得なくなります。

これを何度も繰り返さなければならないとしたら、どこかで無理がきてしまいます。

経営者は、別の工夫をしなければならないのです。

満足度

実は、社員のやる気を伸ばすには、「報酬」と「ほめること」を組み合わせると効果が出ます。

人間にとってほめられることは、お金を得るのと同じくらい満足度が高いことが、研究によっても明らかにされています。

経営者のあなた自身が社員を直接ほめることはもちろん良いのですが、表彰などの制度も作れるとより良いでしょう。

その際、ほめる指標を明らかにしておけば、公正にほめることができます。

たとえば、社員の努力や工夫を5段階評価などで測って、ほめるしくみを作るのです。

さらには、ベテラン社員に対する評価項目に、若手社員をほめて育てることも含めておくと、ベテランが若手に積極的に関わるようになります。

ベテラン社員による後輩社員の育成が促進され、会社として生産性の向上につながるのです。

経営者ひとりではなく、たくさんの社員が誰かをほめることがしくみ化されると、職場全体で高いモチベーションが維持されるでしょう。

ほめることを、しくみとして組み込んでいってください。

 

追伸:
社員のモチベーションが高い会社の
経営者が取り組んでいる2つの秘密

 

The following two tabs change content below.
脇田 優美子

脇田 優美子

経営者の自己超越を助け、人間的成長を後押しする。 マーケティングコンサルタントとして経営者のビジネス向上を手助けする一方、経営者の視座を高め、器を広げる支援を行う。 多くの経営者の秘密厳守の相談相手として、経営者のビジネスと私生活両面を支えるコンサルティングを展開。 どんな優秀な経営者にも存在する盲点や死角を見抜き、ビジネスの土台を強固にするサポートを行う。 上場企業経営者、老舗企業経営者、中小企業経営者、個人事業主、士業、医師、大学教授、芸術家まで幅広く支える。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 売上が伸びても利益が伸びない理由
  2. 行き詰まりを確実に打開する方法
  3. 経営者はどこまで目が届くのか
  4. すべてに秀でた経営者はいない
  5. その他大勢に埋もれる理念
  6. 小さな会社も「多様性」で成長できる
  7. 経営者の思いは何人まで届くか
  8. 小さな会社の人材育成で気をつけること

最新記事

カテゴリから記事を検索

PAGE TOP