見抜く 見通す 見極める秘訣集

身びいきに鈍感な経営者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

小さな会社の経営者にありがちなのが、身びいきです。

同族経営に社員が向ける目は、経営者自身が思うよりよほど厳しいと心得るべきです。

優秀な経営者の中には、親族を自社に入社させないと決めている方さえいます。

ましてや能力が不足する身内を、親族だからという理由で要職につけることなどもってのほかでしょう。

そのもってのほかを平気でしている経営者は多いものです。

親族を見る経営者の目が、まったくの身びいきなのです。

そこには、自分が守って育ててやれば何とかなるだろう、という甘い見通しがあるのではないでしょうか。

あなたの目が行き届いているうちは、社員はその状況を我慢しているかもしれません。

すると経営者は勘違いして、その身内を社員が受け入れてくれている、社員が身内によく従ってくれている、と自分の都合の良いように解釈してしまいます。

社員は、力量に欠けるあなたの親族を評価しているわけではなく、あなたに忖度しているだけなのだ、というのが本当のところかもしれません。

身びいきの先に待つもの

身内を優遇し続けると何が起こるでしょうか。

能力のある社員から真っ先に辞めていきます。

残っている社員の士気も下がります。

自分が力を発揮するはずのポジションを、経営者の親族に横取りされたと感じるからです。

公平な評価がされていないと反感をつのらせるでしょう。

もし、親族を後継者として育てるつもりならば、それ相応のけじめを先に考えて、社員の気持ちに十分配慮すべきです。

鍛え方についても、成り行きや思いつきでなく、優秀な社員に預け段階を追って戦略的に修業を積ませる必要があるでしょう。

結局のところ、人心掌握できない身内が経営に参画することは、自社を足元から危うくするだけです。

身びいきは命取り、と肝に命じましょう。

 

追伸:
経営者の人間力を磨くにはこちら

 

The following two tabs change content below.
脇田 優美子

脇田 優美子

経営者の自己超越を助け、人間的成長を後押しする。 マーケティングコンサルタントとして経営者のビジネス向上を手助けする一方、経営者の視座を高め、器を広げる支援を行う。 多くの経営者の秘密厳守の相談相手として、経営者のビジネスと私生活両面を支えるコンサルティングを展開。 どんな優秀な経営者にも存在する盲点や死角を見抜き、ビジネスの土台を強固にするサポートを行う。 上場企業経営者、老舗企業経営者、中小企業経営者、個人事業主、士業、医師、大学教授、芸術家まで幅広く支える。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. こんなところに経営の極意
  2. なぜ軌道修正できる経営者は強いのか?
  3. 生産性の勘違い
  4. 道を究める
  5. 改革が失敗する原因
  6. ミスの扱いが成長の分かれ目
  7. 雑談で生産性アップ
  8. 成果の出ない社員を励ますのは間違い?

最新記事

カテゴリから記事を検索

PAGE TOP