見抜く 見通す 見極める秘訣集

批判への対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

経営をしていれば、社員やお取引先、あるいはお客様から、あなたに対する批判が出てくることがあるでしょう。

あなたはどのようにその批判を受けとめていらっしゃいますか。

経営者が批判されること自体は、決してマイナスの問題ではありません。

批判は、互いの価値観の違いから生まれるものです。

批判ではなく非難の場合でも、相手がより感情的に反応している点が批判と異なりますが、マイナスに受けとめる必要はありません。

感情的な反応の強さは相手の個人的事情によるものであり、経営者がそれに振り回されてはならないのです。

批判された時の感情

人間として腹がすわっていないと、どうしても自分への批判を不快に感じてしまいます。

批判してくる相手に対してふつふつとわき上がる怒りの感情は、自分の冷静な判断を狂わせます。

経営者であるからには、そうした感情を切り離し、批判の中身の軽重を素早く検討しなければなりません。

受けた批判の中に、自分の考えを覆すほどの重要な観点が含まれているか?

それを見極めることだけに集中しましょう。

批判には、自分の側に欠けている視点や、想定外の反応など、自分のやり方を軌道修正するヒントが含まれているものです。

自分のために味方がしてくれる批判を歓迎すべきなのは当然のこと、明らかに自分を誹謗中傷しようとする意図の非難にですら、活用できる視点が隠れていることがあり得ます。

事を進める際の突破口が、対立する立場の人間からもたらされることも少なからずあるのです。

そうした可能性に満ちた批判というものを、敵対心を持って受けとめてしまうと、せっかくのチャンスを見逃してしまうことになります。

受けとめる度量

人から批判されても、反射的な自己防衛はしないよう日頃から意識に置いておきましょう。

批判してきた相手に対してどれだけ自分を正当化しても、そこに成長はありません。

肝要なのは、柔らかな心持ちで、自分にとってのプラス要因を探す前提で批判を受けとめることです。

そうした度量が経営者には必須です。

批判を受けとめた後のあなたの態度によって、批判した相手をあなたの大ファンに変えることができたら最高です。

 

 

追伸:
賢明な経営者はフィードバックを得ながら進みます。
その方法はこちら

 

The following two tabs change content below.
脇田 優美子

脇田 優美子

経営者の自己超越を助け、人間的成長を後押しする。 マーケティングコンサルタントとして経営者のビジネス向上を手助けする一方、経営者の視座を高め、器を広げる支援を行う。 多くの経営者の秘密厳守の相談相手として、経営者のビジネスと私生活両面を支えるコンサルティングを展開。 どんな優秀な経営者にも存在する盲点や死角を見抜き、ビジネスの土台を強固にするサポートを行う。 上場企業経営者、老舗企業経営者、中小企業経営者、個人事業主、士業、医師、大学教授、芸術家まで幅広く支える。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 新規事業3つの原則
  2. 社員を嘘つきにしていないか?
  3. お客様の進化
  4. 誰が「売る」のか
  5. 優れたアイディアを生む企業風土
  6. なぜマニュアルで仕事が楽しくなるのか?
  7. 節目を設ける
  8. その他大勢に埋もれる理念

最新記事

カテゴリから記事を検索

PAGE TOP