見抜く 見通す 見極める秘訣集

社員の実力が高まる刺激的な方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中小企業の経営者から多く聞かれるのが

「うちには優秀な社員がいない」

「うちみたいな会社にはいい人が入ってこない」

という嘆きです。

ものの道理として、優秀な人がほしければ、優秀な人が入社したくなる会社にする必要があります。

まずは、できるところから改善していかなければ何も変わりません。

優秀な人を見つけるより先にすべきなのは、今いる社員を優秀な社員に育てていくことでしょう。

そうは言うものの、小さな会社の経営者は自らも忙しく、社員教育に多くのコストをかける余裕もないかもしれません。

教育費用をさほどかけずに、社員の実力が上がる方法はあるでしょうか。

自主性に期待?

社員を教育するに当たって、わきまえておいたほうがよい前提があります。

経営者のあなた自身がどれだけ勉強熱心であったとしても、同じような熱心さを社員に求めるだけでは、おそらくうまくいきません。

たとえば、経営者が朝礼などで社員全員に向かって

「これはとてもためになる本だから、ぜひ読んでみてください」

と話したとして、いったい何人の社員が実際にその本を買って読むでしょうか。

意識の高いほんの一握りの社員を除き、ほとんど無反応なのではないでしょうか。

残念ながら、社員の自主性に任せていては、皆が優秀な人材に育つことはなかなか難しいのです。

しかけを作る

そこで、経営者としてこんな提案をしてはいかがでしょうか。

「今日から、自分を高めるために本を買って読んで、感想文を提出してください。

強制ではなく自由ですが、感想文には報奨金を出します。

読み終わった本は会社の本棚に寄付してくれると、皆も読めるのでありがたいです」

社員に対して、給料のほかに臨時に会社から収入を得られるチャンスを与えます。

学びと金銭的なメリットをリンクさせるのです。

本を読むことを勧められて無視する社員は多くても、本を読めば臨時収入が入る、という話を無視する社員はそうはいないでしょう。

仕事に関係のある書籍はもちろんのこと、自己啓発や経営の本、実用書や趣味の本あるいは小説でも、気づきや学びを感想文としてまとめられる本ならば何でもよし、とします。

読書の習慣を身につけてもらい、そこから学びと成長を得てもらうことが目的だからです。

感想文には、単に報奨金を与えるだけでなく、経営者のあなたや上司がコメントを入れて返したり、掲示板に貼りだしたりなど工夫しましょう。

収入が得られ、承認欲求も満たされると、取り組む社員が少しずつ増えてくるはずです。

多くの社員が感想文を出してくれるようになったら、その数を競う特別褒賞なども用意しておくと、さらに熱が高まります。

社員に読書の習慣を身につける報奨金のしくみは、一時的な研修を行うより効果的かもしれません。

個々の社員が、学ぶ意識、自己を高める意識に目覚めれば、社内で優秀な社員が育つ基礎ができてくるのです。

 

追伸:
経営者の意識が高まるほど
会社は成長を続けることができます。

 

The following two tabs change content below.
脇田 優美子

脇田 優美子

経営者の自己超越を助け、人間的成長を後押しする。 マーケティングコンサルタントとして経営者のビジネス向上を手助けする一方、経営者の視座を高め、器を広げる支援を行う。 多くの経営者の秘密厳守の相談相手として、経営者のビジネスと私生活両面を支えるコンサルティングを展開。 どんな優秀な経営者にも存在する盲点や死角を見抜き、ビジネスの土台を強固にするサポートを行う。 上場企業経営者、老舗企業経営者、中小企業経営者、個人事業主、士業、医師、大学教授、芸術家まで幅広く支える。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 疲労の原因
  2. 社員のやる気を高める近道
  3. 新規事業アイディアが一気に生まれる時
  4. 隠蔽を防ぐ方法
  5. ミスの扱いが成長の分かれ目
  6. こんなところに経営の極意
  7. 小さな変化に気づく
  8. 忍び寄る有頂天

最新記事

カテゴリから記事を検索

PAGE TOP