見抜く 見通す 見極める秘訣集

常に見直す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

時代の変化が加速しています。

それに連れて、物事の意味も価値も変わり続けます。

これまでやってきたことを、これからもそのまま続けていって大丈夫でしょうか。

変わらないものと変わりゆくもの、両者の見極めが絶えず求められるのではないでしょうか。

経営という視点で変わるべきものを挙げると、たとえば、以前に決めた取引価格が現在も適正とは限りません。

長年取引を続けてきたという互いの信頼は大切ですが、それだけの理由で同じ価格を継続してよいのか、十分に考えましょう。

現状が適切か否か調査を怠っていると、思いのほか不利な取引になっているかもしれません。

誠意をもって交渉に臨み、今後の関係を含め見直しをしていきましょう。

力関係

相手の会社と自社の力関係が歴然とあり、相手の立場が圧倒的に強い場合、価格交渉で自社はこれまでずっと弱い立場だったでしょう。

それが大口の取引先であれば、不服でも依存せざるを得ない苦しい関係が続きます。

そうした状況が自社の未来をどのように左右するのか、真剣に考える必要があります。

ここはぜひ、新しい取引先の開拓に取り組みましょう。

販路開拓において、自社の商品で誰を助けることができるのか、誰の幸せをもっと応援できるのか、ゼロから考え直すのです。

商品によっては、もしかすると企業相手の取引を個人向けに転換することもできるかもしれません。

そこまでは無理でも、大口取引先を狙わずに、小口取引先をたくさん集める方法も取れるかもしれません。

小口取引は手間ばかりかかりそうだから、と向き合わない経営者が多いのですが、値引き圧力なども避けることができ、ビジネスモデルをきちんと組み立てれば省力化することも可能でしょう。

現状の取引の中身を絶えず見直し、先を見通し戦略に反映させていくことが、変化の中で柔軟に生き抜いていく知恵なのです。

 

追伸:
本気で現状を変えたい経営者は
こちら
を試してみてください。

 

The following two tabs change content below.
脇田 優美子

脇田 優美子

経営者の自己超越を助け、人間的成長を後押しする。 マーケティングコンサルタントとして経営者のビジネス向上を手助けする一方、経営者の視座を高め、器を広げる支援を行う。 多くの経営者の秘密厳守の相談相手として、経営者のビジネスと私生活両面を支えるコンサルティングを展開。 どんな優秀な経営者にも存在する盲点や死角を見抜き、ビジネスの土台を強固にするサポートを行う。 上場企業経営者、老舗企業経営者、中小企業経営者、個人事業主、士業、医師、大学教授、芸術家まで幅広く支える。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 人が動く数字の示し方
  2. ミスの扱いが成長の分かれ目
  3. 隠蔽を防ぐ方法
  4. あなたは続けられるか
  5. パートタイマーの戦略的活用
  6. 生産性の勘違い
  7. 老舗企業に必須のイノベーション起点
  8. 経営者の謝罪

最新記事

カテゴリから記事を検索

PAGE TOP