見抜く 見通す 見極める秘訣集

売上が伸びても利益が伸びない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

経営者のあなたは、

「もっと売上を伸ばしたい」

と思っていらっしゃいますか。

「当たり前だ」

と思っている方にお尋ねします。

あなたは「売上を伸ばすことはいいことだ」と考えていませんか。

もし社員を、売上の数字やその伸びで評価していらっしゃるなら、間違いなく、売上重視の方針は全社に伝わっていることでしょう。

売上重視の落とし穴

売上の数字が増えることは、必ずしも喜べることではありません。

なぜでしょうか。

仮に、あなたの会社に商品やサービスがたった1つしかなければ、その1つの販売に励むことで、売上を伸ばそうとすることに問題はありません。

けれど、もし複数の商品やサービスがあり、それらを社員に自由にセールスさせたらどうなるでしょうか。

当たり前ですが、社員はそれぞれ自分の売上の数字を伸ばしたいので、価格の高い商品の販売活動に熱を入れるでしょう。

しかし、もし、社員が熱心にセールスしているその商品やサービスの利益が、他の商品サービスよりも低かったらどうなるでしょうか。

労力をかけて販売する割に利益が少ししか残らず、効率の悪い営業をしていることになります。

これは社員に非があるというより、会社が売上重視の姿勢であれば必然的に出現する事態です。

 利益が大事

会社にとって本当に大事なのは、売上よりも利益です。

どれだけ大きな売上高があろうとも、必要な利益が得られなければ意味がありません。

それには、経営者はもちろんのこと、社員も商品やサービスごとの利益率をきちんと理解する必要があるでしょう。

当然のことながら、社員に対する評価も、数字を見るなら売上よりも利益で見るように改め、利益重視の姿勢を打ち出すべきなのです。

経営者も社員も利益重視の視点に変われば、利益率の高い商品やサービスを優先してセールスするようになるだけでなく、コストを厳しく見る意識も高まってきます。

売上重視から利益重視への転換は、全社で行うことではじめて効果が出るのです。

 

追伸:
成長し続ける会社に
共通する考え方

 

The following two tabs change content below.
脇田 優美子

脇田 優美子

経営者の自己超越を助け、人間的成長を後押しする。 マーケティングコンサルタントとして経営者のビジネス向上を手助けする一方、経営者の視座を高め、器を広げる支援を行う。 多くの経営者の秘密厳守の相談相手として、経営者のビジネスと私生活両面を支えるコンサルティングを展開。 どんな優秀な経営者にも存在する盲点や死角を見抜き、ビジネスの土台を強固にするサポートを行う。 上場企業経営者、老舗企業経営者、中小企業経営者、個人事業主、士業、医師、大学教授、芸術家まで幅広く支える。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 残業の減らし方
  2. 一を聞いて十を知る社員を増やす
  3. 経営者の運の良し悪し
  4. 求める社員像を明確に言えるか?
  5. はやりすたりの激しい業界の鉄則
  6. 振り出しに戻る
  7. 小さな会社の人材育成で気をつけること
  8. めくるめく戦術の罠

最新記事

カテゴリから記事を検索

PAGE TOP