見抜く 見通す 見極める秘訣集

これを見れば経営者の本心がわかる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

経営者のあなたは、自社のルールを細かく取り決めていますか。

ルールが細かいということは、社員から見て決まり事がわかりやすい良さはあります。

しかし、もしそのルールが禁止事項や強制事項ばかりだとしたら、社員はどう感じるでしょうか。

「うちの社長は、社員のことを信じていないんだ」

そう受けとめられても無理はないでしょう。

人は、自分を信じてくれない人のために、わざわざ粉骨砕身しようなどとは思いません。

経営者が社員に対して十分な働きを期待するのなら、まずは経営者の側から社員を信じて、それを表現していくことが先でしょう

年功序列も信頼のひとつ

たとえば、給与についても、年功序列型の賃金制度が時代遅れだとは必ずしも言えません。

きちんと働けば毎年少しずつでも収入が増えていくことは、社員にとって大きな安心材料になります。

もちろん、誰でも一律にということではなく、個別に対応を要する社員も出てくるでしょう。

また、年功序列型の賃金では、大企業などでかつて問題となったように、50代以降の社員は能力が頭打ちになる場合が多いのに比して、給与が上がり続けてしまいます。

これについては、給与の上昇率を弛めて調整できるでしょう。

ひと昔前の年功序列型ではなく、現在に合わせたかたちで運用していくなら、人手不足や離職の問題が噴出する環境において、年功序列の賃金制度も有効に使えるのではないでしょうか。

入社したらしっかり根付いてもらい、自社の中で社員としても人間としても成長していってほしい、という経営者の考え方を表現することができるからです。

当然ながら、賃金制度の一方で、社員の能力を年々向上させるしくみもつくり、長期的に力を発揮してくれる環境づくりが重要です。

そして、その経営者の思い、自社の制度やしくみの理由を、日頃から社外に発信していくことも必要です。

こうした会社には、安心して長く働きたい、経験とともに着実に成長していきたい、という思いを持つ人が応募してくるでしょう。

これからは、60代だけでなく、働けるなら70代でも現役で働く時代です。

経営者が社員ひとりひとりを大事にする姿勢は、離職率を抑え、社内に多くのノウハウを蓄積することにもつながります。

ルールが経営者を顕わす

賃金制度を含めた社内の規則やしくみを、社員を大切する会社としての表現、という観点から見直してみてはいかがでしょうか。

もしかしたら、現行の内容とはずいぶん違ったものになるかもしれません。

社員の気持ちを抑え込むような、指示命令的なルールではなく、社員が働くことに喜びを感じられるようなルールを増やせると良いですね。

社員を信頼して大事にする経営者の思いを、社内制度で表現することで、社員ひとりひとりの意欲が変わり、会社の雰囲気全体も変わってきます。

「自分の働いている会社はいい会社だ」

と社員に思ってもらえるほど、社員の働きぶりは良くなっていくでしょう。

ひいては、外から良い人材が集まってくることにもつながります。

経営者のどんなに素晴らしい訓示よりも、制度には経営者の気持ちが反映されていることを、社員は感じ取れるものなのです。

 

追伸:
経営者の思いの波及効果
会社は成長し続けます。

 

The following two tabs change content below.
脇田 優美子

脇田 優美子

経営者の自己超越を助け、人間的成長を後押しする。 マーケティングコンサルタントとして経営者のビジネス向上を手助けする一方、経営者の視座を高め、器を広げる支援を行う。 多くの経営者の秘密厳守の相談相手として、経営者のビジネスと私生活両面を支えるコンサルティングを展開。 どんな優秀な経営者にも存在する盲点や死角を見抜き、ビジネスの土台を強固にするサポートを行う。 上場企業経営者、老舗企業経営者、中小企業経営者、個人事業主、士業、医師、大学教授、芸術家まで幅広く支える。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. なぜ軌道修正できる経営者は強いのか?
  2. パートタイマーの戦略的活用
  3. 雑談で生産性アップ
  4. あなたは続けられるか
  5. 経営者に対する心理バイアス
  6. 成果の出ない社員を励ますのは間違い?
  7. 頑張らない社員の本心
  8. 圧倒的な存在になる方法

最新記事

カテゴリから記事を検索

PAGE TOP