見抜く 見通す 見極める秘訣集

視点を変えてチャンスを発見する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

あなたはふだん、経営者の視点でものを観ていらっしゃるでしょう。

何を見ても何を経験しても、自動的といってもいいくらい当たり前に、経営者というフィルターを通して考えてしまうのではないでしょうか。

経営者視点で見ることが有効なのは間違いありません。

でも、その視点だけで過ごす癖がついてしまうと、見落としてしまうチャンスもあるのです。

いったいどういうことでしょうか。

想像ではわからない

見落としがちなチャンスというのは、お客様体験による気づきです。

経営者としての視点とは別に、消費者としての視点、利用者としての目線がないと、どうしても盲点ができてしまうのです。

こうお伝えすると、

「自社の商品やサービスを、お客様の立場になってとらえてみることでしょう?

それならいつもやっています」

という答えが返ってくるのですが、そういう意味ではありません。

お客様の立場で考えるのではなく、あなたが実際にお客様になって買ってみる、使ってみる、利用してみる、ということです。

自社の商品を、お客様と同じように、一消費者として手順を踏んで購入し、購入後までずっと体験するのです。

同じように、競合の商品やサービスも、できる限り自分で購入して、直接体験してみましょう。

自分でお金を払ってお客様になってみることが大事です。

体感

あなたが経営者としてでなく、ひとりのお客様として競合や自社の商品、サービスを経験してみると何が変わるでしょうか。

きっとあなたは購入体験を通じて、気分良く感じたり、嬉しくなったり、疑問を感じたり、不信感をもったり、これまで気づかなかった体感を得るでしょう。

ライバルのビジネスに対する理解も深まり、自社の強みと弱点もより明確にわかるようになります。

お客様がどう感じるかを自分が実感できると、経営者の立場からビジネスモデルをながめているよりも、かえって改善点がはっきりするのです。

経営者の立場を離れ、ひとりの消費者として購入する機会を増やし、そこから新たな打ち手を見つけていってください。

 

追伸:
自社の価値を創造し続ける経営者は
このレポートからヒントを得ています。

 

The following two tabs change content below.
脇田 優美子

脇田 優美子

経営者の自己超越を助け、人間的成長を後押しする。 マーケティングコンサルタント、セールスライターとして経営者のビジネス向上を手助けする一方、経営者の視座を高め、器を広げる支援を行う。 多くの経営者の秘密厳守の相談相手として、経営者のビジネスと私生活両面を支えるコンサルティングを展開。 どんな優秀な経営者にも存在する盲点や死角を見抜き、ビジネスの土台を強固にするサポートを行う。 上場企業経営者、老舗企業経営者、中小企業経営者、個人事業主、士業、医師、大学教授、芸術家まで幅広く支える。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 社会が本当に求めているものは何か?
  2. 販売不振の老舗と産地に共通する最大の弱点
  3. 売上を増やすか 顧客を増やすか
  4. お客様がほしいのは安いもの?
  5. 和菓子業界の危険な思い込み
  6. 失敗しない情報収集
  7. 競争力を高めるヒントが詰まっている場所
  8. 成功する採用は経営者次第 その1

最新記事

カテゴリから記事を検索

PAGE TOP