見抜く 見通す 見極める秘訣集

経営者は自分に厳しくあるべきか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

経営者のあなたは、「自分に厳しく」を心がけていらっしゃるのではないでしょうか。

難しい場面での決断、意欲的な活動、社員の手本となる立ち居振る舞いなど。

自分で自分を鼓舞しながら、あるいは反省しながら、日々前進されているのではないでしょうか。

上手くいかない事があれば、自分の判断の甘さを責め、責任を厳しく自分に問うていらっしゃることでしょう。

このような自己批判は、果たして経営者のやる気を高める力になるものでしょうか。

意外な事実

経営者の方の多くは、親や先輩方から

「自分に厳しく」

と教えられ育ってきたことでしょう。

ところが、自分に厳しくすることは、実のところ、あなたの意志を強めるどころか、やる気や自制心を失わせてしまいます。

にわかには信じられないかもしれませんが、心理学の研究でその事実が明らかにされています。

自分に厳しくし過ぎること、自分を厳しく批判することは、うつ病のきっかけになってしまう可能性もあり、経営者といえども例外ではありません。

考え方を転換する

自分に厳しくするよりも、自分を許すほうが意欲的になれる、と言ったら、あなたはすんなり受け入れられるでしょうか。

現実には、自分に優しく接すると自分を受け入れやすくなり、その結果として、他者の話にも耳を傾けられるようになるのです。

あなたの周りにも、上手くいかない状況の中で他者の助けを借りて、見事に立ち直った経営者がいませんか。

そういう経営者は、自分に厳しくすることから抜け出せたのです。

自分を責めても何も変わらないことに気づいたのでしょう。

もしあなたが、自分に厳しくしているにもかかわらず経営が上手くいっていないとしたら、一度立ち止まってみてはいかがでしょうか。

自分に厳し過ぎる経営者には、苦しみを和らげる発想の転換が必要なのです。

 

追伸:
優しくて力強い経営者は
この土台
の重要性に気づいています。

 

The following two tabs change content below.
脇田 優美子

脇田 優美子

経営者の自己超越を助け、人間的成長を後押しする。 マーケティングコンサルタントとして経営者のビジネス向上を手助けする一方、経営者の視座を高め、器を広げる支援を行う。 多くの経営者の秘密厳守の相談相手として、経営者のビジネスと私生活両面を支えるコンサルティングを展開。 どんな優秀な経営者にも存在する盲点や死角を見抜き、ビジネスの土台を強固にするサポートを行う。 上場企業経営者、老舗企業経営者、中小企業経営者、個人事業主、士業、医師、大学教授、芸術家まで幅広く支える。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. やりがいの押しつけ
  2. 振り出しに戻る
  3. 社員を嘘つきにしていないか?
  4. 「流れ」に対する見極め
  5. 小さな会社の人材育成で気をつけること
  6. 仕事を覚えるより大事なこと
  7. 待ったなしの製造業の未来
  8. 成功したいなら〇〇を予測する

最新記事

カテゴリから記事を検索

PAGE TOP