見抜く 見通す 見極める秘訣集

社員のリクエストは何のサイン?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

経営者のあなたは、こんな経験ありませんか。

社員があなたのそばに寄ってきて、それとなく話しかけてきます。

「社長、うちの会社も、もっとこうしてくれたら助かるのですが…」

「今時は、業界的にもこれが普通になってるみたいですよ」

「うちも、もしこうできたら、みんなもっと働きやすいと思うんです」

これ、何のサインでしょうか。

なぜ急に、社員はこんなことを言い出すのでしょうか。

他が気になり始めた

社員が経営者であるあなたに、

「うちの会社の現状を、変えてもらえませんか?」

という意味の話をさりげなく伝えてきた時は、その社員は他社の様子が気になり始めた、ということが考えられます。

どこからか他社の話を見聞きして

「そちらのほうがよほど働きやすそうだ」

「仕事の割に、報酬がずっといい」

などと感じたのかもしれません。

もしかすると、久しぶりに会った友人や知人から、

「うちの社長は、理解があるよ」

などと聞かされたのかもしれません。

何のきっかけもなく、社員が経営者に、遠回しなリクエストをしてくることはない、ということは覚えておくべきでしょう。

経営者のうかつな反応

ところが、社員の遠慮がちな要求に対して、経営者はつい

「うちは大企業とは違う」

「甘えたこと言ってるんじゃない」

「やっぱり厳しくしないと、社員はつけ上がってくるから困る」

「ちゃんと給料払ってるんだから、文句言うヒマがあったら、もっと仕事してほしい」

などと思ってしまうのではないでしょうか。

そして、うかつにも言ってしまいます。

「見てればわかるはず。うちにそんな余裕はない」

「そんな風にやってられるなら、誰も苦労はしない」

「今は人が足りない。そんな話は当分先だろうね」

経営者のこうした返事、あなたが社員の立場だったらどう思いますか。

そして次々いなくなった

社員が経営者に対してリクエストしてきた時点では、社員はあなたの会社にとどまりたい気持ちがあったのです。

社員の立場では、経営者のあなたに向かって、

「あっちの会社のほうが、ずっと働きやすいことに気づいてしまいました」

「あなたにお世話になり続けるかどうか、実は今、迷っている真っ最中です」

などとは言えません。

経営者の答えを聞いた社員は、今度は迷うことなくあなたのもとを去っていきます。

あなたの見方は?

こうした社員の身の振り方は、裏切りでしょうか。

恩知らずでしょうか。

もしその社員が、経営者のあなたが密かに

「辞めてくれたらいいのに…」

と思っていた相手なら、気に留めることはないかもしれません。

しかし、会社にいてほしい社員が次々離職していくとしたら話は違います。

負け惜しみを言っている場合ではありません。

あなたが必要としている社員があなたのそばを離れていくのに、あなたがそのまま変わらずにいれば、事態は悪化していきます。

今では転職は珍しくも何ともありません。

社員は、より働きやすく、より良くいられる職場を選ぶことができるのです。

それはもはや社員の身勝手ではなく、自己実現欲求からきている動きです。

経営者としてあなたは、この流れに積極的に応じるべきではないでしょうか。

 

追伸:
ほしい社員が集まる経営者は
こんな備えをしています。

 

The following two tabs change content below.
脇田 優美子

脇田 優美子

経営者の自己超越を助け、人間的成長を後押しする。 マーケティングコンサルタント、セールスライターとして経営者のビジネス向上を手助けする一方、経営者の視座を高め、器を広げる支援を行う。 多くの経営者の秘密厳守の相談相手として、経営者のビジネスと私生活両面を支えるコンサルティングを展開。 どんな優秀な経営者にも存在する盲点や死角を見抜き、ビジネスの土台を強固にするサポートを行う。 上場企業経営者、老舗企業経営者、中小企業経営者、個人事業主、士業、医師、大学教授、芸術家まで幅広く支える。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 成果の出ない社員を励ますのは間違い?
  2. ひとこと多い経営者の過ち
  3. 道を究める
  4. なぜ軌道修正できる経営者は強いのか?
  5. 仕事に対する価値観の変化
  6. パートタイマーの戦略的活用
  7. 経営者の謝罪
  8. 話し手の意図を見抜く

最新記事

カテゴリから記事を検索

PAGE TOP