見抜く 見通す 見極める秘訣集

なぜマニュアルで仕事が楽しくなるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

経営者のあなたは、「マニュアル」という言葉からどんなイメージを思い浮かべますか。

社員やアルバイトにとってマニュアルは、暗記してその通りやるもの、と受け取られがちです。

入社したら、「早くマニュアルを覚えなければ」と思うものです。

実際に、新人に対して、早くマニュアルを覚えるよう促している会社も多いかもしれません。

けれど、マニュアルをただ丸暗記するだけでは、最低限の作業ができるだけに過ぎません。

新入社員やアルバイト、パートの人たちにまずマニュアルを覚えてもらったら、それで終わりにせず、次のステップに上がってもらいましょう。

マニュアルを自作する

入社数ヶ月を経た社員に、入社以来覚えた自分の仕事を、すべて書き出す作業をしてもらいましょう。

当然、もとからあるマニュアルと重複する部分が多数含まれると思いますが、それはかまいません。

その社員が実際に行っている個々の業務について、作業のすべてをできる限り細かく分解し、手順を書き出してもらいます。

そして、先輩社員や上司と一緒に、果たしてその手順が最適なのかどうか、アイディアを出し合うのです。

「ここを変更すれば、次の手順は省けるのではないか?」

「これはかえって無駄な作業ではないか?」

「この手順だと、ミスを誘発してしまうのでは?」

「こうすると、もっと良くなるかも?」

このように、業務に慣れ過ぎてしまう前の社員やアルバイトとともに作業を分解してみると、上司や先輩はこれまで見落としていた視点に気づくことができます。

作業がブラッシュアップされ、マニュアルを改良していくことができるのです。

一石二鳥

同時に、社員やアルバイトのマニュアルに対する意識が変わります。

マニュアルは機械的に従えばよいわけではなく、それぞれの作業には目的があることを理解できるようになるのです。

自分の業務の目的や意味に意識が向くようになれば、より良くするにはどうすべきかを考える素地ができます。

人は単純作業を繰り返すだけの仕事にはなかなか楽しさを感じられません。

入社して数ヶ月の社員に業務分解の作業を与えることは、マニュアルが改良できると同時に、仕事の深みを感じてもらい、働きがいを見つけてもらうこともできるのです。

あなたも経営者として、この方法でマニュアルを改良してはいかがでしょうか。

 

追伸:
社員がどんどん動く会社には
こんな経営者がいます。

 

The following two tabs change content below.
脇田 優美子

脇田 優美子

経営者の自己超越を助け、人間的成長を後押しする。 マーケティングコンサルタントとして経営者のビジネス向上を手助けする一方、経営者の視座を高め、器を広げる支援を行う。 多くの経営者の秘密厳守の相談相手として、経営者のビジネスと私生活両面を支えるコンサルティングを展開。 どんな優秀な経営者にも存在する盲点や死角を見抜き、ビジネスの土台を強固にするサポートを行う。 上場企業経営者、老舗企業経営者、中小企業経営者、個人事業主、士業、医師、大学教授、芸術家まで幅広く支える。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 伸びる企業が隠している秘訣
  2. 待ったなしの製造業の未来
  3. すべてに秀でた経営者はいない
  4. スマートフォン全盛期の意外な戦略
  5. 残業の減らし方
  6. 突破口が見つかる思考法
  7. 目的と目標を明示できているか
  8. 経営者の悪しき指示

最新記事

カテゴリから記事を検索

PAGE TOP